やはり引き出物や引菓子までこだわり抜く!

結婚式はどうせなら徹底的にこだわり抜きたいものです。参加してくれる人には心から喜んでもらいたいものですよね。そして結婚式のことはあれこれ考えるものですが、多くの人が見落としがちになってしまうひとつのポイントがあります。それが、引き出物や引菓子です。引き出物や引菓子なんて、適当に選んで適当に無難なものを贈っておけばよいと考えてみませんか?その考え方が実は誤りで、結婚式での出来事なんてほとんど覚えていなかったとしても、引き出物や引菓子は家まで持って帰るものなので、実は結婚式のことを最後まで引きずるものであったりするのです。引き出物や引菓子こそが、結婚式を象徴するものなのです。ですので、どうせなら引き出物や引菓子にこそ、徹底的にこだわり抜いて神経を注ぎ、最良のものを選ぶようにしましょう。引き出物や引菓子こそ、あなたの結婚式の価値を決めるのです!
では、引き出物や引菓子はどのようにして選べばよいのでしょうか?やはり、楽しんで、喜んでもらうためには、その人その人に合ったものを贈るべきです。そうなると、ゲストによって違ったものを贈る方がよいということになります。なので、誰に贈っても喜ばれも何もないような、無難なものを贈っておけばよいという考えはやめましょう。あなたの結婚式の評価を著しく下げることになります。実際、友人が友人の知人の結婚式から帰ってきて、引き出物を開けたら物凄く安そうな皿が一枚入っていたのですが、参加していないわたしにとってその結婚式の評価は、物凄く安そうな皿となりましたからね。
では、その人に喜ばれるものを選ぶにはどうすればいいのでしょうか。やはり、真心をこめたものを選んで引き出物とするべきです。それには、まず、ゲストのことを徹底的に考え抜いて、何が喜ばれるのかを真剣に考える姿勢が必要でしょう。あの人はそういえば○○が好きだったなあ、○○を贈れば喜ばれるかもしれないぞ、と思えば、その品を引き出物とする。そういう姿勢が大事なのです。結婚式は新郎新婦のお披露目の場というだけではなくて、ゲストと新郎新婦の思い出を総括する場でもあるのです。ですから、新郎新婦とゲストの記憶を想起するような品物がいいかもしれませんね。